0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

毛布

季節は如月に突入しまして節分が過ぎ、後4日でバレンタインデーと2月は中盤までにイベントが集中していますよね。

節分は独り身にはまだ乗り越えられるイベントですが、バレンタインは私にとっては心が荒むイベントになりそうなので、巷で噂されている「自分へのご褒美チョコ」という男性にとっては荒行ともいえる事に挑もうかと検討中です。

 

日頃御世話になっております。

株式会社 日証 名古屋営業部 中村です。

 

さて皆様。この時期は寒気が強く就寝前も体が温まるまで時間を要する方もいらっしゃる事と思います。

その為にコタツ・ホットカーペット・暖房等の暖を取るための機器はありますが就寝時も点けっぱなしというのは難しいですよね。電気代がかかりますし、過度な発汗は風邪を引くこともあります。

 

では文明危機に頼らずどうしたら快眠ができるのでしょうか。

じつは毛布の使い方1つで、今までよりも比較的暖かくなる方法があるというのです。

やり方は簡単。就寝時、毛布を下に引いて上から羽毛布団を掛けるだけです。

 

通常は毛布を掛けてその上から羽毛布団を掛けて寝るスタイルが一般かと思います。(少なくとも私はそうでした笑)

実は暖かくするには羽毛布団を「体に直接触れさせる」という事が大事なのです。

 

羽毛は体温を感知して膨らみ保温効果を上げる性質を持ってます。

つまり毛布で遮断してしまう事により羽毛布団の効果が遮断されてしまうのです。

なので下に毛布を引くことにより、背中からも上からも暖かい状態を作れるという仕組みになってます。

勿論個人差は生じますが、ともあれ皆様の快眠の手助けになれば幸いです。

 

割と知ってる人は知っている豆知識ですので、既にご存知の方は「暖かい目」で当ブログを拝見してください(笑)