手形割引専門商社。東京・大阪・名古屋に拠点あり全国対応。手形割引は専門商社、株式会社日証へご相談下さい

手形割引の日証は、商業手形割引の専門です。

株式会社日証 1歩先行く専門商社

手形割引のことなら、当社の担当者へご相談下さい。約束手形、為替手形の現金化、小切手の資金化もOK。
手形割引を東京・大阪・名古屋で培った57年の経験で質の高いサービスを全国に提供させていただきます。

手形のお悩みならご相談下さい。全国どこからでも受付致します。TEL:0120-921-288

景気とは何ぞや

 皆さんこんにちわ。

日証 大阪本社の利岡です。

 

丁度本日のニュースですが、ようやく日経平均が2万円の大台を乗り越えました。

誰が何を材料に買い上げているのか私のような素人にはさっぱり分かりませんが、とりあえずは

歓迎すべきニュースではないかと思われます。

 

一般的に株価というものは実体経済の半年先を行っていると言いますが、半年後の実体経済が

良くなっていることを願うばかりです・・・が、しかし

 

手形割引の専門商社の営業担当者としてあらゆる業界の経営者様のお話をお伺いしておりますが、

総括すると景気が「良い」というよりは「以前ほど悪くない」という状態の様です。

実感できないほどの非常にダラダダとした足取りで景気は回復しており、その期間だけで見れば

「戦後最長クラス」とも言えるが、未だにデフレから脱却できず、また中小・零細企業が自社で吸収するのが

難しいほどの円安が継続している為、「利益」という観点からはとても回復しているというべき

ではないというのがリアルなところではないでしょうか。

 

折しも日本の周辺国による地政学的リスクに関して注目すべき今日、半年後に日本経済が全体的に

(実感できるほどに)回復しているというシナリオは、はてさてどうなんでしょうかね。

他方、現在の多層化した日本の社会において、日本国中が景気回復を実感できるなんて在り得るのか

分からないし、皆が実感できた段階でそれはすでにバブルなのかもしれませんね。

そもそも「実感できる」とはどういうものかもよく分からない主観的なものです。

 

欲を言えばきりがなく、どこまで行っても景気の回復なんて実感できないのかも知れません。

そうすると「足るを知る」ではありませんが、今のこの「以前ほど悪くはない状態」で

ある程度は満足すべきなのでしょうか。

 

居酒屋でのオッサンの愚痴みたいなブログで恐縮ですが、結局のところ景気なんて大恐慌でもない限り

個人の主観でどうにでも評価できる程度の物かと言ってみたかった次第でございます。

まさに景「気」ですね。

 

お申し込み新規手形割引受付・手形割引のご相談はこちらから

お電話でのお問い合せはこちら
メールでのお申し込みはこちら

※営業時間外のお申し込みはネット申し込みにてお問い合せください。翌営業日に担当者から返答申し上げます。

電子手形決済サービス

手形に関する基礎知識

手形割引シミュレーション

事業所にメールを送る

携帯からのお申し込みはこちら

スマートフォン専用ページはこちら

手形割引1分間学習

日本賃金業教会 会員