0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

スピーディーな審査対応

スピーディーな対応はお客様への最大のサービス

信頼のおける実績とノウハウ

創業した昭和28年からこの道一筋で現在まで手形割引を行い、累積4兆円を超える資金を市場に供給してまいりました。約30年前からシステム化も積極的に進め、審査時間の短縮に努めてきました。今日では大抵の案件を60分以内にお伝えしております。
(※60分以上かかる案件も中にはございます。その場合こちらからご案内させていただいております。)

実際の新規審査時間 取り扱い総金額 割引した手形枚数(月・年単位)

『なるほど』納得!だから安心して利用していただける企業を目指し・・・

安心のおける独自の管理システム

当社が保有している情報は、IBM製品で構築した独自のシステムで運営しています。
情報自体もすべて暗号化(数字と記号の羅列)であり、第三者が見ても全くわからない仕組みになっています。
また、重要資料は電子化しないで審査部の資料保管場所に厳重に保管・管理しております。随時数万社の企業資料を書類(ファイル化)として保管しており、昨今問題になっているインターネット上での情報漏えいの可能性も極めて低くなると考えております。
大手興信所にもないデータを多く所有し、当社にしかできない手形割引が多く存在しているのが当社の自慢です。

当社自社サーバー内で保管している実績企業データ数

他社にないサービス

どの支社からでも取引をする事ができます!

日本三大都市で営業している強み!
どの支店でも手形を資金化できます。
東京・大阪・名古屋へ出張などありませんか?
出張ついでに集金してその手形の資金化・・・日証ならではのサービスです。

各支店を独自の社内プログラム(IBM製品で構築)で管理運営しております。
また同様に、株式会社オサムインビジョンテクノロジーが提供している『VQSコラボ電子会議システム』を採用し、支店間をワンフロアー化しております。お客様の情報を共有し、サービスを提供できる仕組みを構築しております。だから当社では、担当者がいなくてもお取引・連絡等、スムーズに対応できるのです。 忙しい経営者様の限られた時間を有効に使っていただく為、常に最善を考える企業です。

最大の安心、顔の見える企業

初めて手形割引される企業様は、いろいろな心配をかかえて企業選別をされていると思います。
その中でも、『ちゃんとした割引業者なのか?』という点が一番重要です。
株式会社日証では「見える安心」をお客様に提供しております。
当社のトップページでは、受付担当者の映像がオンラインで配信されてます。
これはインターネット事業をスタートさせて8年間、約1万件のお客様からお聞きしたことをカタチにしただけなのです。それは『百聞は一見に如かず』です。担当者の顔をご覧下さい。
自信があるからこそ公開できるのです。

他社と比較して当社に選んだ理由

  1. ①郵送しなくても来店・配達の選択ができたから
  2. ②割引料が安かったから
  3. ③審査時間が早当日すぐ資金化可能だったから
  4. ④本当に手形割引の専門業者だから
  5. ⑤銀行・他業者で断られたが割引可能と言われた

日証のこだわり

当社の受付担当者は全員ワイヤレスヘッドマイクでお客様とお話させて頂いてます。
理由は最速最短審査を目指しているからです。

お話を聞きながら、振出人の特定、またデータベースにアクセスし割引可能か予備審査を同時に行っております。

ディスプレイも2画面制にしております。あらゆる情報を画面に出し、お急ぎのお客様に無駄な質問で時間を使っていただかない様に常にスタンバイしております。

70万社分のデータは半年ごとに更新最新の業績を完備しており、所有データは250万社を越えます。お問合せの際は、まずは振出人の会社名をお伝え下さい。8割程度のお客様は住所とか代表者など伝えなくてもこちらから『〇〇社長の会社ですね』とご案内できるのが当社の対応力と自負しております。

そのお電話で結論を出すのが当社の目指す所です。
他社との対応の差を感じて頂けると確信しております。

他社をご利用だった方へ

取引している割引業者に満足していますか?

今起こっている業界の現状を解説します。

貸金行法の完全施行、金融円滑化法の期限延長はするも今までにない環境の変化。
あらゆるリスクが今後想定され、貸金業者の縮小路線は歯止めがかかりません。
全国からのお問い合わせの中で同業者が生き残りをかけ、お客様のニーズに沿わない
こともお聞し相談を受ける声もございます。

特に最近・・・

『久しぶりに手形を集金したので以前利用した業者に連絡したが、連絡先が不通になっていた』
『キャンペーンで初回は安かったが、2回目の以降割引料を上げられた』
『上場企業などの手形は割引可能だが、中小の得意先の手形は断られたので支払金額が足りない』
『担当者がやめてしまい、引継ぎ担当者に不満がある』
『手形割引は安いと思いましたが、必要でもない他の金融商品の利用を条件にされた』
『手形割引を依頼しているのに、融資の話ばかりする』
『割引するごとに融資返済を差引かれるので、受取金額が少なくなる』
『信用調査もおまかせ下さい。聞いてみると売上程度しかわからないと言われた』
『集金日に資金化したいが、問合せをした業者が遠方で間に合わない(地方とは気づかなかった)』
というお問合せが目立つ様になりました。

平成22年6月に改正貸金業法が完全施行され、対応できない貸金業者の多くが倒産・廃業に追い込まれました。
手形割引も上記法律に含まれますので、さまざまな規制が追加され、『リスクの少ない企業しか割引しない・調査に経費がかけれない』 というスタンスが一般的になっているようです。
昨今のインターネット上の割引業者の中には、あたかも低年率で割引できるように表現されているものもあるようです。しかし全ての手形がその表示割引料でできるのか?
それは違います。詳しくは当社ホームページ内にある、割引料についてのページで触れていますので一度ご覧ください。
当社は東京・大阪・名古屋に拠点を置く手形割引の専門商社です。地方業者にはまねできない都市圏の情報網を保有しております。
上場企業から個人振出の手形までしっかりと審査させていただき、中小企業さまの資金需要にお応えしていきたいと考えています。
まずは一度当社へご相談下さい。