0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

水無月

 皆さんこんにちは。

大阪本社の利岡でございます。

 

6月も半ばを過ぎたにもかかわらず、まるで真夏のような青空が広がっておりますが

気象庁によりますと、梅雨明けはもう少し先になるとの事です。

 

しかし今年は「スーパー猛暑」が予想されているからか、絵にかいたような‘空梅雨’ですね。

6月の総雨量に関してはいざ知らず、梅雨独特の「しとしと降る雨」が極端に少ないような気がします。

手形の割引をしていると、お客様と天候の話になる事が結構多いのですが、やはり皆様

私と同じような認識を持っておられるようです。

 

そんな6月は「水無月」ですね。梅雨時なのに水無月。今年の6月にはぴったりですが

実はこの字は「当て字」だと言われているそうです。

本来は水の月という意味で「水月=みなづき」と言っていたのを、‘な’の部分に「無」という

字を当てたという事です。

 

もしかして古(いにしえ)の人々は、6月があまりに雨が多すぎるので、いっそのこと

雨よ少なくなれという意味合いを込めて「無」の字を当てたのかも知れませんね。

 

しとしと降る雨は、それはそれで風情のあるものですが、そればかりでも困りものです。

もう少し気温も雨もバランスよく対応してくれたらいいのですが、それこそ人間の

わがままの極みのような願望ですね。

 

こんな事をチマチマ考えていると暗いおっさんだと思われそうですが、勇気をふり絞って

「水無月」という言葉から現代の気象変動まで、壮大な考察を試みた次第です。