0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

6月18日発生の大阪北部地震

みなさま、こんにちわ。

今から23年前に阪神・淡路大震災を経験しました 大阪本社 小橋 です。

先日6月18日の午前7時58分ごろに大阪北部を震源とするマグニチュード6.1の地震に遭遇しました。

まず、地震により亡くなられた方々の無念さ、最愛の肉親を失ったご遺族の深い悲しみに思いを致しますと、誠に痛恨の極みであり、哀惜の念に堪えません。改めて、心から哀悼の意を表するとともに、すべての被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。

今年のゴールデンウイークには、1泊2日で淡路島に旅行をしてきました。

その旅行では、淡路島の淡路牛やハローキティスマイル(キティーちゃんのショップ&カフェテリア等)、渦潮などを見たと同時に、北淡震災記念公園にも行きました。北淡震災記念公園では、1995年1月17日午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災(大阪・兵庫・京都、特に神戸市街地での最悪な状況)のニュース映像やその当時の写真や映像が流され、地震の揺れ等を経験可能な施設、野島断層や断層横にあった家がそのまま保存されており、地震の凄まじさや残酷さ、脅威を再度認識し、同時に地震への備えや教訓と防災への意識を持つことができると思います。大変勉強になる施設ですので、みなさまも、是非行かれてみてはいかがでしょうか。

思い返せば、23年5か月前の阪神・淡路大震災の発生時は、私は当時中学生でしたが、大阪の実家で地震を経験しました。身近なところでは私の父が勤める会社の同僚が神戸にてお亡くなりになったことや、父と共にボランティアに何度も出向いていたことを思い出します。

また、2011年3月11日午後2時46分に発生した地震、東日本大震災では私は静岡におりましたが、震度5程度の強い揺れを経験しました。その当時は阪神・淡路大震災の経験から、東日本大震災の被害に遭われた方々のために、少しでも役に立つと思い、微力ではありますが募金を行いました。

過去を振り返れば、阪神・淡路大震災・東日本大震災・熊本地震が大きい地震ではありますが、関西地方では阪神・淡路大震災以降、四半世紀は大きな地震が起こらず、地震発生した当時よりは危機意識や防災への意識が薄れてきたことが露呈したのではないかと思います。

今回の地震では、地下鉄・JRその他の私鉄等、全て運休や運転見合わせの状況が続き、公共交通機関がほとんどマヒ状態となり、高速道路も通行止め、国道等の路線では渋滞が多い状況となりました。私自身も地下鉄にて通勤をしていますが、長い間出社が出来ない状況となりました。

私は、過去の地震等の災害からの教訓や防災への備え等ができていないと実感しました。

みなさまも再度地震における危機意識や防災の備え、様々な備えを見直す機会になったのではないでしょうか。

今回の地震発生した当日でも、みなさまの資金繰りをサポートさせて頂きたく通常営業を行い、多数の割引のご依頼を頂きました。また阪神高速等の高速道路網が通行止めとなり、国道等の道も渋滞であるにも関わらず、多数のご来社頂きました皆様には誠に感謝致します。ありがとうございました。

今後とも、手形割引では専門商社として、皆様の資金繰り等をサポートさせて頂きますので、株式会社日証をどうぞよろしくお願い致します。