0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

幸せになる道には2つある・・らしい

 皆さんこんにちわ。

大阪本社の利岡です。

 

22日付けのブログでも地震に触れられておりましたが、その後も余震は断続的に続いており

未だに終息したとは思われない状況です。

 

この「息」という字ですが‘息の内’という言葉から「命」になったとも言われる大切な文字です。

そしてその外には、やめる・とめる・消えるという意味もあったりします。

「無病息災」とは、病にならず災いが消えますように、という意味になります。

人間にとって何が本当に幸せなことなのかという事を、ストレートに現している言葉だと思います。

 

京都の北野天満宮では、毎年6月25日の菅原道真の命日に「大茅の輪くぐり」という催しがあります。

これは体調を壊しやすい夏に向けて、無病息災を祈念する京都の風物詩の一つです。

 

事業主の皆様におかれましては、キャッシュフローのリスクは非常に大きな「災い(リスク)」の一つです。

月末に向けて、お手持ちのお手形を現金化してリスクヘッジすることは、まさに「息災」だと考えます。

早めに確実な月末の資金繰りをしておいて、安らかな気持ちで7月を迎えられますことをお勧めいたします。

 

奄美大島で梅雨明けの報道がありました。まもなく九州から近畿、東海から関東へと梅雨前線が撤退して

暑い夏がやってまいります。決して無理をせず「無病息災」で乗り切りましょう。