株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

流行物は廃り物

 いつもお世話になっております。東京支社の稲葉です。

さて最近、東京大丸でニューヨークキャラメルサンドなるお菓子が行列を作っているのはご存知でしょうか?自分はまだ試していないのですが、40分くらい並ばないと買えないほどの人気ぶりだそうです。

人というのは流行物に弱い生き物のようですが、近年この流行物の副産物ともいえる「食品ロス」が問題となっているのは周知のことと存じます。例えば、恵方巻。当初大阪での風習の一つにすぎなかったものがあれよあれよと日本全国に拡大し、いまや節分の風物詩と化しましたが、作るだけ作って節分が過ぎた途端、食べられるにもかかわらず売れ残りは廃棄処分。つまり家畜のエサになっているという報道は記憶に新しいかと存じます。また韓国版チーズドッグといわれるハッドグ、東京のコリアタウンである大久保で若者を中心に流行っているスナックですが、いわゆるインスタ映えを狙って買うだけ買って、インスタに載せたら食べずにそのまま路上に捨てていく人が多いそうで、路上ゴミや悪臭による地元住民の苦情が相次いでいるとか。

流行物を全否定するつもりは毛頭なく、むしろ私などはすぐに飛びつきたくなるものですが、行き過ぎは問題ですよね。ここでちょっと周りに目を向けてみてください。国内では「子供の貧困」が大きな社会問題のひとつになっています。シングルマザーの家庭やその他の事情で子供が三食の食事さえも満足に摂れないという現実も、今の日本には存在しているのです。なんだか「食品ロス」と相反し皮肉な話だと思いませんか。

「流行物は廃り物」、とは今もてはやされ流行しているものは、一時的なもので長続きせず、いすれは衰え忘れ去られるということです。一時の流行に踊らされず、今ある現実にもしっかりと向き合って生きていきたいものです。そのためにも正しい情報を知ることが必要です。私たち日証では、信頼ある情報をもとに、お客様への適正な手形割引を行っております。本年もすでにスタートいたしましたが、錯綜する情報を精査しお客様へ安心してご利用いただける手形割引サービスを目指して、また1年精進してまいる所存です。

本年も引き続きよろしくお願いいたします。