0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

なぜチョコレート?

皆さまこんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?

毎年恒例の2月行事といえば・・”バレンタイン”があります。


そこで私はふと疑問に思ったことがあります。

(バレンタインって、なぜチョコレートを渡すのだろう?)
(チョコレート以外はダメなのか?)


という事で
今回は、そんな私の素朴な疑問をブログに書いていこう思います。


バレンタインの由来といえば

約3世紀頃ローマ皇帝が、兵士の士気が下がるという理由で結婚を禁止していたのです。
そんな中、バレンタイン司祭は内緒で兵士たちの結婚を許していたのです。
それが皇帝にバレてしまった事でバレンタイン司祭が処刑されることになってしまいました。。

その命日というのが2月14日なんですね。

そこから、2月14日というのが現在のバレンタインデイとして定着していったのですね。


日本でのバレンタインデーといえば
女性が男性にチョコレートを贈り、愛の告白をするというのが
オーソドックスな習慣となっております。


世界でのバレンタインデーは祝われておりますが、渡すものはチョコレートと決められておりませんし、
中には、男性から女性に愛のプレゼントをする国もあるそうです。


そこでチョコレートに関する説を調べてみたところ
様々な諸説があるようです。。


その中でも有力だと思われる説をご紹介したいと思います。

昭和7年(1932年)神戸の「洋菓子店モロゾフ」がバレンタイン用に
ハートのチョコレートを販売したとの事。

その時のキャッチコピーが

「あなたのバレンタイン(愛しい人)にチョコレートを贈りましょう」

だったそうです。

そのキャッチコピーが大当たりして
バレンタインデーにはたくさんの人がチョコレートを買って好きな人に送ったそうです。

これがきっかけで、チョコレートを好きな人に贈るという習慣が始まり今に至るわけです。


へぇ~~と、思いながらも
言葉ひとつで勇気や感動を与えられる影響力の凄さには感慨深いものがあります。

それと同時に自身の小ささも感じましたが、少しでも多くの方にプラスを与えられるような人間でありたいとも思った次第です。


また、日証では資金繰りの面でプラスの影響を与えられるようにと対応させて頂いております。
お客様のご意向に出来る限り応えられるよう寄り添っております。

急ぎの場合でも、当日の資金化も可能でございます。
お困りの際にはお気軽にご相談ください。



㈱日証 名古屋支社 中村永世美