株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

中秋の名月

9月も半ばに入り、皆様はいかがお過ごしでしょうか。9月の中旬から寒暖の差があり、

また風邪やインフルエンザ、食中毒等、様々な要因で、体調を崩しやすい時期でもあります。

体を温めたりと様々な方策で体調を安定させて頂ければと思います。

今週、ブログを担当するのは株式会社日証 大阪本社の小橋です。

本日9月13日は今年の中秋の名月です。

日本文化として、中秋の名月には、一年間病気をしないようにいう意味ですすきの飾りをしたり、

五穀豊穣の感謝の意味でお団子をお供えし、月を愛でるという文化・行事があります。

さて、十五夜と中秋の名月の違いをご存知でしょうか?

十五夜は旧暦の毎月の15日の夜のことで、月の満ち欠けはおおよそ15日周期で新月から満月へ、

そして新月というサイクルを繰り返すことをいい、旧暦の考え方では新月を毎月1日としていたことで、

15日にはほぼ満月となると考えられていました。

この満月にあたる15日の夜に見える月を『十五夜』と言います。

中秋の名月とは、7月・8月・9月の中間にあたる8月を中秋と呼び、毎月15日の夜(=十五夜)の月は

とても美しく見えることから旧暦815日の月を中秋の名月と呼んだそうです。

本日は中秋の名月ですので、みなさまはこの機会に1年間病気をしないように祈りをしてみるのもよいのではないでしょうか?

中秋の名月以外にも、913日という日は過去には様々な出来事がありました。

例えば、1912年には明治天皇の大葬、1955年の砂川事件、1970年には日本万国博覧会が閉幕、

1997年にはマザーテレサの国葬が行われた日で、また1965913日から920日の間に

アメリカ合衆国のワシントンで行われた、『法による世界平和第二回世界会議』が開催され、

法の支配を国際間で徹底させることで世界平和を確立しようという宣言を採択した記念日

『世界の法の日』でもあります。

日本では、「世界の法の日」とは別に101日を「法の日」と制定しています。

世界を見渡せば、過去の自国の国益のみによる支配から世界各国が法の支配をもとに

協力をしていくことが趣旨ですが、最近の世界情勢等を見ると、

自由主義から逆戻りしているかのように見えます。

日本には様々な法律は存在していますが、法律によって個人の権利等が守られています。

私どもも個人情報保護法や貸金業法をはじめ様々な法律とともにコンプライアンス遵守の徹底を図り、

企業の資金調達において手形割引・でんさい割引の利便性を高めるとともに、迅速かつ的確に、

手形割引やでんさい割引での資金化を努めるとともに、その資金化にとどまらずに

様々な付加価値を提供し、お客様の事業に寄与させて頂き、

お客様に利便性をもって頂ける、満足感を持っていただけるサービスを提供していきたいと思います。

手形やでんさいの資金化をお考えになっておられる方は、お気軽にお問合せ頂ければと幸いです。