株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

大嘗祭

 秋晴れの心地よい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。東京支社の馬上です。

さて今年は元号が変わり御代替わりしたため、今年限定で今月に祝日が制定されたことをご存知でしょうか。そう、10月22日(火)の即位礼正殿の儀の日です。皆様がご覧になっているカレンダーは改元前に出来上がっているので、ほとんどが平日扱いとなっております。誠に恐縮ながら弊社もお休みさせて頂きますので、割引をご検討中のお客様はスケジュールを今一度ご確認頂くなど、くれぐれもご留意くださいませ。

ところで、5月の改元から続いている御代替わりの行事ですが、最大の儀式はいつなのかご存知でしょうか。祝日じゃなければ知らないよ、ではなくせっかくの御代替わりですから日本人として知っておきましょう。それは、11月14日から15日にかけて行われる大嘗祭(だいじょうさい)です。実は、宮中祭祀として毎年11月に新嘗祭(にいなめさい)があるのですが、即位後はじめて大規模に行う新嘗祭のことを大嘗祭と呼ぶのです。いわば一世一代のビッグイベント、しかも7世紀後半の天武天皇の時代より1000年以上続いているから驚きです。宮中祭祀のため国民には非公開なのですが、お米を神様にお供えし、最後には天皇と神様がそれを食べて儀式は終了、のようです。おおざっぱ過ぎました・・・あと、大嘗祭のためだけに宮殿が造られ、毎年天皇をはじめ皇族の方々は新嘗祭が終わるまでは新米を口にすることはないそうです。そして、天皇は大嘗祭を経てはじめて即位が正式に認められるんです。

最後に、天皇の仕事は何かご存知でしょうか。日本人なら応えられるようにしておきましょう。それは、祈ることです。その祈りの中でも大事なのは、五穀豊穣を祈ること。つまり国民を飢えさせないことであり、一連の宮中祭祀はすべて国民の幸せを祈るために行われるものなのです。日証も常にお客様の立場にたち、お客様にご満足して頂けるサービスを常にご提供できるよう、日々研鑽を積んでまいります。手形・でんさい割引は日証におまかせください!