株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

情報発信・収集

新年に入り寒波押し寄せるこの季節、皆さま如何御過ごしでしょうか。

御世話になっております。

株式会社 日証 中村です。

 

会社を経営していく上で「情報収集」というのは企業存続には必要不可欠な経営活動です。

近年IT技術が発展した結果、世の中には様々な情報が飛び交うようになりました。

テレビ・新聞・雑誌の時代からブログ・SNS・YouTube・ライブ配信・オンラインサロン・Brain等と誰もが手軽に情報発信・収集ができる時代に移り変わりました。

この状況変化により情報循環・情報格差解消というメリットが生じましたが、実はデメリットも生じています。

それは「情報精度」です。

 

私も経営知識等の情報取集をSNS等で行うと、事実とは異なる情報が出回っている事が多々あります。

例えば減価償却費。

減価償却の費用項目は計上項目によって異なります。

製造目的→売上原価計上

販売目的→販管費計上

投資目的→営業外費用計上

上記の様に目的別に費用計上箇所は変化します。

 

これがSNS等では減価償却費は貸借対照表項目だとか(減価償却費累計額は同表項目です)

費用計上項目は売上原価のみだとか

この様に間違った情報を発信している方がいます。

つまり誰でも手軽に情報発信出来る時代だからこそ情報精度の低下が生じるようになりました。

多くの情報が循環するこの時代に最も重要な情報は「一次情報」です。

こういった一次情報は現場の生の声や、参考書から収集できます。

 

当社はこういった一次情報を創業当時から収集し続け、手形割引を通じ顧客に付加価値を提供してきました。

手形割引・でんさい割引での懸念点があれば、ネット検索をするのも良いですが是非一度当社に直接御連絡下さい。

当社が保有している正確な一次情報を基に最適な提案を御提供致します。