株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

文化の日

いつもお世話になっております。東京支社の馬上です。

さる11月3日は文化の日でしたが、ある方の誕生日でもあるのですがご存知でしょうか。正解は明治天皇の誕生日で、祖母はよく明治節と言っていたのを思い出します。では、なぜ文化の日というのでしょうか。日本史で習ったと思いますが、11月3日は日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、祝日法で文化の日と定められたそうです。ちなみに、5月3日は憲法記念日ですがこの日は日本国憲法が施行された日です。

歴代最年長の天皇でいらした昭和天皇の誕生日は4月29日で、今は昭和の日となっています。はじめはみどりの日と呼ばれていたのに、なぜ途中から昭和の日に変わったのでしょうか。よく昭和の時代は激動の時代と言われますが、激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをきたす、という理由からだそうです。

それでは、大正天皇の誕生日はいつなのでしょうか。調べてみると、8月31日。あれ、祝日じゃないですよね。当初は天皇誕生日として休日だったようですが、諸事情で取り消されてしまったようなのです。大正天皇がご病弱だったために在位が短かかったのですが、政治・社会・文化の各方面で自由と人権を求めた、大正デモクラシー運動の時代でもあります。文明開化の明治と激動の昭和に挟まれた大正時代、なんだか気の毒な感じもしますね。

祝日ひとつ取上げてみても、いろいろな背景が見えておもしろいものです。皆様も秋の夜長に、なにかひとつ興味のあるものを深堀してみてはいかがでしょうか。

手形・でんさい割引に関するお問合せはいつもお受付しております。お気軽にお電話ください。お待ちいたしております。