株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

スマホ時間

いつもお世話になっております。東京支社の馬上です。今年の気候は例年よりもなんだか変動が激しい感じがしますね。急に暑くなったかと思えば気温が急降下してみたり・・・コロナウィルスも第3波の流行に入ったようですし、インフルエンザも流行しはじめる季節。今年は体調管理が本当に大変です。

さて先日は2020年最後の3連休でしたが、皆様はいかがお過ごしでしたか。私は同居人に70歳以上の高齢者がおりますので、コロナウィルスの感染防止のため(まぁ、手持ちの資金がないということもありますが)、ほとんど自宅に巣ごもりしておりました。スマホをずっといじくりまわしていたのですが、ふと「人生でスマホに投じている時間ってどのくらいなんだろう?」とどうでもいい疑問が湧いてきました。そこで、半ば暇つぶしにスマホを駆使して(今はワンクリックで簡単に検索できちゃいますが)このどうでもいい問題を調べてみました。アメリカの調査によると、15歳からスマホを使い始めた若者が1日にスマホを眺めている時間は平均5時間くらい。そこから63歳まで同じペースでスマホを使い続けたと仮定すると、通算なんと13年にもなるんだそうです!ちなみになぜ15~63歳なのかはよく分かりません。おそらく生産年齢で算出したのかと思われます。

あらためて数字でみてみると、ちょっと無駄に時間を過ごしている気がしませんか。スマホの時間がすべて無駄だとは言えませんが、ダラダラと無意味にスマホを眺めている時間をもっと違うことに使えたらと思い、まずは通勤時間内はスマホを極力見ないというこれまたどうでもいい目標をたてました。まだ数日ですが車窓から眺める景色を見て、「あぁ、あんなところに小さな森があるんだ」とか「最近、駅近なのにアパートの空き部屋が増えたな」(目が良すぎ)、車内を眺めてみて「あの人、昨日も同じ場所に立って居眠りしてたな」(ストーカー)などといった、ちょっとした発見や気づきがありました。ダラダラ時間は時間の浪費、考えたり感じたりする時間は時間の投資というそうです。限りある人生です。与えられた時間を浪費せず、少しでも充実した人生のために時間を投資したいものですね。

手形・でんさい割引のご用命、ご相談はいつでもお待ちいたしております。ぜひ㈱日証までお気軽にご連絡くださいませ。今後ともよろしくお願いいたします。