株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

カーボンニュートラルとホッキョクグマ

先日、何気なくつけたTVでホッキョクグマの母子を追う番組を視聴しました。

春、冬眠から目覚めたホッキョクグマの母子の過酷な旅のドキュメンタリーだったのですが、大変興味深く、また色々と考えさせられました。

冬を過ごした内陸から主食の獲物(アザラシ)が豊富な氷の海まで600kmもの距離を移動。子供たちを連れた母グマは獲物がほとんど手に入らない中でも授乳を続け、危険なオスから子供たちを守りながら進んでいく。さらに温暖化の影響で氷河の大崩落など困難なことが沢山あるなか進んでいく姿に感動しました。本来ならば氷の地面を進んでいくところですが、温暖化の影響で氷が解け、一つの氷を進むごとに、また次の氷まで泳がなければならないのです。

温暖化で北極の氷が解けていると耳にするものの、実際に映像で見ると、氷が少なくなっていることも分かりますし、ホッキョクグマを通してみると、より環境に変化が起きていることに気づかされました。

10月に菅首相が温室効果ガスの国内排出量を2050年までに実質ゼロにするという目標を掲げました。

12月1日の政府の成長戦略会議においても、新しい技術について国が効率性や販売価格などの目標を定め、その達成を目指す企業に開発資金を支援する10年間の基金を創設するなど、国としての後押しも今後手厚くなっていく方針である。

目標達成には、今後の革新的な技術開発も必要不可欠であるが、国民ひとりひとりの意識の変化も必要であり、レジ袋の有料化も賛否両論、様々な意見があるが、不必要なものを減らしていくという意識の変化に対しては有効なものであると思う。

私自身も実行できる範囲で地球にやさしい人になろうと思います。

 

『年末年始の営業日のご案内」

年末は12月30日(水)正午まで  

年始は 1月 5日(火)通常営業となります。

年末年始のお手形の割引のご予定がございましたら、お早めのご連絡を頂けましたらと存じます。

大阪本社 山﨑