株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

節分

はやくも今年に入って1か月が経とうとしておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。お世話になっております、東京支社の馬上です。

さて唐突ではございますが、今年の節分はいつでしょうか。そんなの2月3日でしょ?とお思いの方も多いはず。本来なら2月3日が節分で2月4日が立春になりますが、今年は違うのです。なんと2月2日が節分なのです。これは124年ぶりのことだそうです。その理由は、節分は暦の上で「立春」の前日とされており、「立春は2月4日」というイメージがありますが、実は立春は日にちではなく「太陽黄経が315度の位置が315度の位置のとき」とされているため、その年によって日にちにあてはめるとずれることもあります。このように少しずつのズレが影響を与えた結果、2021年は2月3日が立春にあたるようになり、立春がずれたためその前日の節分も1日早まったというわけです。そんなこと誰が決めてるんだ、と思いきや国立天文台暦計算室というれっきとした専門機関がが決めていて、毎年2月に官報で翌年の分を発表しているそうです。ちなみに来年から2024年までは2月3日に戻りますが、2025年にはまた2月2日になり、その後少しずつ2日になる年が増えていくそうです。豆まきをする時はその年の節分をチェックしましょうね。

コロナも豆で鬼と一緒に退治させたいところですが、残念ながらコロナ禍はまだまだ収束の目処が立ちそうになく、今後ますます経済は苦境に入っていくと推測されます。皆様も資金繰りや手形・でんさいの割引のご相談はぜひ日証までお声がけください。よろしくお願いいたします。