株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

夏のお風呂

8月も中旬に入り、夏本番を迎えました。

日中の外気温が35度を超える猛暑日が続いても、もはや驚かなくなってきた近年ですが、暑いものは暑いです。

皆様、熱中症には十分に気を付けて下さい。よく言われていますが、こまめな水分、塩分補給や、室内であれば冷房、外でしたら日陰に入って、無理せず体調にあった行動や準備を心掛けるようにしましょう。

今週のブログ担当 大阪本社 山崎 です。

冬場は冷えた体を温める為に普段湯船に浸からない方でも入浴する機会が増えるように思います。

夏場はどうでしょうか。ここ数十年では夜でもなかなか気温が下がらず、暑いのでシャワーだけで済ませる方も多いのではないでしょうか。

夏場こそ湯船に浸かり、ゆっくりと体を癒す時間をつくりましょう。

日中は冷房が効いた(時には寒いぐらい)の空間で過ごし、外気温との差が10℃近くもあり、急激な温度変化に体は思っている以上に、負担がかかっていると思います。また、冷房で手足の指先まで冷え冷えになることもあり、特に冷え性な方には夏場の冷房は大敵です。

昨今、巷ではサウナブームとなっていますが、サウナに入って汗を流すことも気持ちのいいことですが、その後の水風呂とのセットで、より効果的にサウナ楽しむことができます。温と冷を交互に行うことで交感神経のスイッチが切り替わります。

ご自宅でも、湯船にぬるめ(38~40度)のお湯を溜め、10分程ゆっくり浸かり(湯船は20分以上入っていると心臓等に負担がかかり逆効果です)その後一旦湯船から出て、冷水を足に1分程かけ流し、その後また湯船に浸かることを2回繰り返しますとより効果的に交感神経がリラックス状態となる副交感神経に変わっていき、良質な睡眠が取れると思います。

夏は隠れ疲労が溜まりやすい時期ですので、是非試して頂き、体調を整えて頂けましたらと思います。

 

弊社では明日13日(金)から16日(月)までをお盆のお休みを頂きます。

お盆明け17日(火)より通常通り営業させて頂きます。

お盆休み中にメール等で頂きましたお問合せに関しましては、17日(火)午前中にご連絡差し上げます。

手形・でんさい割引の際はお気軽にお問合せください。