株式会社日証 1歩先行く専門商社

0120-921-288

事業所にメールする

PAGE TOP

五感で感じる短い秋

暑い夏、寒い冬、そして暖かい春よりも、凛とした澄んだ空気を感じる秋がなによりも大好きな大阪本社の春名です。
最近は寒さが早く、皆さまには体調を崩されないように願っております。


もうすぐ12月。
ワクチン接種も進みコロナの感染者数もひと時よりも収まって落ち着いた此の頃ですが、マスクは依然として離せない状況です。
マスクをしたままだと、寒い時には防寒具のように暖かく便利ですが、どうも周囲の変化に気づくことができません。

10月下旬から11月最初にかけて、民家の庭先や公園の植込みと彼方此方に漂う金木犀の香り。
私は金木犀の香りが好きなのですが、マスクをしたまま普通に歩いていると香りに気づくことができません。
金木犀がある植込みを見つけては足を止め、マスクを外して香りを嗅ぎ、名残りを惜しみながらゆっくりと歩きます。
金木犀の香りを嗅ぐと気分が良く、秋の深まりを感じます。

また秋は、生の秋刀魚がいただける季節。
私は秋刀魚が大好物なのですが、9月に出る新物の秋刀魚は高く、手を出すことができません。
安くなるタイミングを待ち続け、お手頃な値段になる頃に買い求め、塩焼きにして、秋の味覚を味わいます。
でも安くなった時期は一瞬で、早々にスーパーの店頭から生秋刀魚は見かけなくなりました。
昔は安く買える庶民の味方の青魚だったはずなのに、今は高級魚の仲間入りのようです。


コロナ禍での金木犀の香り、高級魚になった秋刀魚。

秋という季節を感じることが難しくなりました。
地球環境のせいなのか、何のせいなのか。

それでも、今年も急いで来る冬将軍の前に、真っ赤に色付いた樹木の葉の美しさや落ち葉の感触を足で踏み締めて残りの秋を楽しみたいと思っています。


早くも年末年始のシーズンが来ました。
思いがけず手形を受け取られたり、資金繰りが違ってきたり等、生じることも多々あると思います。
その時は是非、当社にご相談ください。
冬将軍よりも早くスピーディーに取り組みさせていただきます。

でんさいと手形の現金化は、専門商社の株式会社日証にお任せください。